スポンサーリンク

猫を飼いたいがどのトイレや砂を使えばいいのか分からなかったりしませんか?

実は、トイレ選びはしつけと並んでとても大事なことなんです。猫にはトレーや砂に好き嫌いがあるので、ここで猫の好みに合わせずに適当に選んでしまうとトイレを使ってもらえなくなるので吟味して猫が快適に使えるものを選びましょう。

それでは、トイレ選びについて紹介します。

スポンサーリンク

トイレを選ぶ

トイレには3つのタイプがあります。それぞれ解説していきます。

箱タイプ

箱タイプは最も一般的なタイプでどの猫も使いやすいトイレでしょう。主に固まるタイプの砂を使用します。

このタイプのトイレは基本的に毎日固まったオシッコやウンチを取り除いて減った分の砂を入れます。毎日掃除をしなければならないため面倒に感じるかもしれません。また、砂は粒が小さいものが使われることが多いため猫が砂を勢いよくかけるとトイレの外に飛び散ってしまいます。この飛び散った砂を掃除するのも一苦労です。(汗)

ここまでの解説だとあまり良く聞こえないかもしれませんが、実はこのタイプのトイレは、猫の体調管理に最適なトイレなんです。砂が固まった大きさでオシッコの量や白っぽい砂を使えばオシッコの色も確認することもできるので、体調の異変に早く気づくことができます。また、なんといってもほかのタイプのトイレに比べて安価なのもが多いのが特徴です。

すのこタイプ

すのこタイプは、二段構造になっていて上に砂を敷いて下にオシッコを吸収するシートを敷きます。主に、固まらないタイプの砂を使用します。

このタイプの一番のメリットは、掃除が簡単ということです。ウンチは毎日取り除く必要がありますが、オシッコを吸収するシートは1匹の場合、週に1回の交換で砂も月に1回の交換で大抵は済みます。また、大きい粒の砂を使うので猫が砂をかけて外に飛び散ってしまうことが少なく飛び散ったものでも粒が大きいので掃除がしやすいです。

ですが、すのこタイプのトイレは体調管理がしにくいということがデメリットです。オシッコのシートを交換するのが週に1回なので毎日の量やもし血が混じっていてもいつのものなのか分からないため箱タイプよりも体調の異変に気づくのが遅くなってしまいます。

カバー付きタイプ

カバー付きタイプは、落ち着いた環境を好む猫にオススメです。

箱タイプとすのこタイプにカバーがついたもので、天井まで覆われているフルカバータイプと天井が開いているハーフカバータイプがあります。カバー付きのトイレは、砂が飛び散ることがなくニオイも抑えられます。天井まで覆われているのが苦手な猫もいるのでそんなときはハーフカバータイプを使ってください。ハーフカバーでも砂が飛び散りにくくなっています。

スポンサーリンク

砂を選ぶ

猫のトイレには猫用の砂を入れます。砂も猫の好き嫌いがありますので猫の好みに合わせて選びましょう。また、砂は消耗品です。値段も考慮して掃除のしやすさや使いやすさなどから総合的に判断しましょう。

砂のタイプは、材質のほかに固まるタイプと固まらないタイプがあります。消臭効果もさまざまなので実際に使ってみて選びましょう。またトイレの砂は一度決めたらあまり変えないようにしましょう。どうしても途中で変えたいときは、少しずつ元の砂と混ぜながら猫の様子を見て変えましょう。

それでは砂のタイプを解説していきます。

木材系

針葉樹などが原料で、消臭効果が高く、固まるタイプと固まらないタイプがあります。燃えるゴミで処理するものが多いです。粒が崩れてくると飛び散りやすくなります。

紙系

消臭効果が高く、固まるものが多いです。軽くて運びやすい反面、やや飛び散りやすいです。トイレに流せるものや燃えるゴミとして処理できるものが多く、やや安価です。

おから系

おからが主原料で、消臭効果が高く、固まるタイプが多いです。燃えるゴミとして処理でき、トイレに流せるタイプもあります。猫が食べてしまうときは使用しないでください。

シリカゲル系

オシッコを吸収し、ウンチを脱水させて乾燥させます。固まらず、燃えないゴミで処理するタイプが多いです。飛び散りやすく、交換せずにいると消臭効果が落ちてきます。

鉱物系

ベントナイトや、ゼオライトなどが原料で、消臭力が高く、固まるタイプと固まらないタイプがあります。燃えないゴミとして処理するタイプが多く、持ち運びの際は重いです。

まとめ

これまで紹介したものは、見たことや使ったことがあると思います。今は、さまざまな種類が販売されています。中には、オシッコとウンチを自動で片づけてくれる全自動のトイレや災害時などに使える携帯できるトイレも販売されています。
ちなみにトイレを買う際は次の3つもチェックしましょう。

  • 体全体が楽に入り、中で向きを変えられる
  • 猫が出入りしやすい高さのもの
  • トイレは1匹につき1個が基本
スポンサーリンク