スポンサーリンク

女神の化身と呼ばれているアビシニアンを知っていますか?

今回は、優雅な姿が魅力のアビシニアンを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 不明(諸説あり)
体重 3~5kg
毛の長さ 短毛種
毛色 フォーン、ルディ、ブルー、レッドなど
目の色 グリーン、ヘーゼル、ゴールドなど
鳴き声 小さい
運動量 多い
性格 好奇心旺盛だが、神経質な面もある
スポンサーリンク

歴史~聖なる猫 アビシニアン!~

アビシニアンの歴史は古く、古代エジプトの壁画に描かれている猫やエジプト神話の女神に似ていることから「聖なる猫」や「女神の化身」と呼ばれています。

壁画の猫がアビシニアンかどうかは定かではありません。

1868年、アビシニア(現在のエチオピア)戦争後に帰還兵がエジプトのアレクサンドリアの港にいた「ズーラ」という猫をイギリスに連れ帰ったのが起源とされています。

その後、1882年に正式に公認され、日本では1964年に初めて登録されました。

特徴~輝く毛色~

スリムでしなやかな筋肉質のボディーを持つフォーリンタイプです。

一本の毛に2~3色が入っているティックドタビーと呼ばれる輝く毛色をしています。

鳴き声は、鈴を転がしたようなきれいな音をしています。

性格~優雅な姿とは裏腹に~

実は甘えん坊なんです

猫はクールな性格というイメージがあると思います。

また、その外見からより一層クールに見えるアビシニアンですが、実は、とっても甘えん坊なんです。

たくさん遊んでください

アビシニアンは、活発で運動量の多い猫です。

また、好奇心も旺盛なので部屋の中を駆け回ったりします。

おもちゃなどでたくさん遊んであげてください。

原産国の謎??

上記の基礎データで原産国は不明と書きました。

これは、エジプトやエチオピアなど諸説あるためです。

エジプトが原産国と言われているのは、イギリスに帰還兵がズーラを連れ帰る際、ズーラが居た場所がエジプトのアレクサンドリアの港だと言われているからです。

このエジプトが原産国という説が有力です。

また、エチオピアが原産国と言われているのは、1874年に出版された本にエチオピアから連れ帰ったと紹介されたためです。

なお、広辞苑にはこちらの説が記載されています。

その他には、実際には東南アジア原産で、イギリスの猫と掛け合わされてアビシニアンが誕生したとする説もあります。

この説の場合は、イギリスが原産となります。

まとめ

活発で運動量も多く、好奇心旺盛なアビシニアン。

猫とたくさん遊びたい人やクールな猫よりも甘えん坊な猫の方が好きな方には、向いている猫です。

運動量が多い猫が、運動をしないでいるとストレスが溜まってしまいイタズラをしてしまうかもしれません。

たくさん遊んで発散させてください。

それでは、よいネコ生活を!

スポンサーリンク