スポンサーリンク

アメリカンカールは、クルッと後ろにカールした耳が可愛く特徴的です。

今回は、シルクのようななめらかな手触りの毛をしているアメリカンカールを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 アメリカ
体重 3~6.5kg
毛の長さ 長毛種
毛色 ブラック、レッドなどすべての色
目の色 ブルー、ゴールドなどすべての色
鳴き声 普通
運動量 やや多い
性格 穏やかで賢く、よく慣れる
スポンサーリンク

歴史~迷い猫から公認種へ~

アメリカンカールの歴史は、1981年にアメリカ・カリフォルニア州のジョン&グレース・ルーガ夫妻の元に2匹の猫が迷い込んできたことから始まります。

迷い込んできた2匹の猫は、2匹とも耳がカールしていたそうです。

その後1匹は交通事故で亡くなってしまったそうですが、もう1匹の猫に夫婦は「シュラミス」と名付け交配に取り掛かりました。

半年後、シュラミスは4匹の子猫を出産しました。

その4匹のうち2匹がシュラミスと同じく耳がカールしていました。

このことでカール耳は遺伝することがわかりました。

その後の研究で50%の確率で遺伝することもわかりました。

1983年、パームスプリングスでのカットショーで初登場し、1987年に公認された比較的新しい品種です。CFAには、1991年に公認されました。

特徴~カール耳が最大の特徴~

なんと言ってもクルンとカールした耳がアメリカンカールの最大の特徴です。

このカール耳は、生まれたときからカールしているのではなく生後7日後までにカール耳か否かを見分けられるようになり生後4ヶ月ほどでクルンとカールします。

筋肉質なセミフォーリンタイプで、顔は程よく長く、鼻筋はなだらかにカーブしており、方まで届く長い尻尾が特徴です。

また毛は、シルクのようななめらかな手触りをしています。

性格~いつまでも子猫のように~

愛嬌たっぷりな一面

見た目どおり、愛嬌たっぷりですが普段はとてもおとなしく聡明で、しつけやすい猫です。

遊ぶときは変わります

普段はおとなしいアメリカンカールですが、賢くイタズラ好きの一面もあります。

賢い猫なので、ドアノブや戸棚を開けてしまうこともあります。

猫のピーターパン

その他、甘えん坊でいつまでも子猫でいるような面もあり「猫のピーターパン」という愛称があります。

注意する病気!!

アメリカンカールを飼う時に注意す病気を2つ紹介します。

毛球症(もうきゅうしょう)

毛球症は、どの猫もなりますが特に長毛種のアメリカンカールは、気を付けなければなりません。

通常、グルーミングで飲み込んだ毛は、排出されますが生えかわりの時期やブラッシング不足、ロングヘアーの猫は飲み込む毛が多くなってしまいうまく排出できずに体内で毛玉がフェルトのように固まってしまいます。

毛球症になると食欲低下や吐き気、便秘を引き起こしてしまいます。

ブラッシングやシャンプーで日頃からケアをしてあげてください。

外耳炎(がいじえん)

外から見えている耳たぶから鼓膜までの間の外耳道に炎症が起こりかゆみや痛みを引き起こす病気です。

自分で耳を引っ掻いたり耳掃除のしすぎなどが原因です。

アメリカンカールは、その特徴的な耳の形がなりやすいため注意が必要です。

「炎症程度なら…..」と思う人もいるかもしれませんが人でも耐えられないくらいつらい病気です。

耳から変なニオイがするなど異変を感じたらかかりつけ医などに相談してください。

まとめ

おとなしい反面、猫らしく遊ぶのもアメリカンカールは大好きです。

おもちゃやキャットタワーなどを置いてよく運動をさせましょう。

また、成長期にはしっかりと栄養を摂取させましょう。

スポンサーリンク