スポンサーリンク

ロシアンブルー・コラットと並ぶ「ブルー御三家」としても有名なのがシャルトリューです。

今回は、フランス生まれのシャルトリューを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 フランス
体重 4~6.5kg
毛の長さ 短毛種
毛色 ブルーのみ
目の色 ゴールド、オレンジ、カッパー
鳴き声 やや小さい
運動量 やや多い
性格 おとなしめだが、とても賢い
スポンサーリンク

歴史~絶滅に危機からの復活~

 

ルーツは16世紀のフランス

はっきりしたことは、分かっていませんが16世紀のフランスの文献に「灰色でカッパーの目をもつ猫」という記述が見られ、そこがルーツはそこにあると考えられます。

元々、フランスにいた雑種にペルシャなどを交配して人為的につくられた猫というのが有力です。

その他には、フランスのシャリュトリュー派の修道士が北アフリカから連れ帰り、修道院で飼育していた猫の子孫という説、十字軍が連れ帰った説、また、リキュールが関係している説などがあります。

絶滅の危機

昔、その見事な被毛は高額で売買され、そのせいで絶滅の危機に陥ったこともありますが計画繁殖によってその後は順調に数を増やし、現在に至ります。

1987年、CFAに公認され日本には1970年代に輸入され人気になりました。

特徴~愛称は微笑み猫~

ボディは、がっしりした大型のセミコビータイプでまん丸のゴールド、オレンジ、カッパーの瞳をもちます。

四肢は短めながら骨格はがっしりしており、全体的にも骨格ががっしりしています。

頬は、たっぷり丸々としており、豪華な被毛はブルーでとても風格があります。

口元がとがらず丸いことから「微笑み猫」という愛称がつけられています。

また、他の猫もオスの方が大きいですが、シャルトリューは、メスよりもオスの方がかなり大きくなります。

性格~厳しい環境に適応してきた強い忍耐力~

賢く洞察力がある

シャルトリューは、穏やかでとても賢い性格で、洞察力があり人をよく見ています。

さりげなく人のそばにいます

甘えるのも好きなシャルトリューですが、嫉妬深いというほどではなくさりげなく人のそばにいます。

また、子どもがいる家庭と相性がよく攻撃的な面もないため、多頭飼いに向いています。

厳しい環境にいたシャルトリューは、その環境に適応してきた強い忍耐力を持っています。

キャットタワーはしっかりした物を!

運動量もそれなりに多く、体格も大きいためキャットタワーもしっかりした物を用意してください。

芸を覚えるのもOK!

犬のような猫」と言われることもあるくらい従順な性格です。

コミュニケーションの一環で、芸を覚えさせたりトレーニングをしてみるのもいいでしょう。

ですが、コミュニケーションの一環としてなので無理にさせるようなことはしないでください。

ブラッシングはこまめに

短毛のシャルトリューですが、被毛は密集して厚く風通しが悪くなりますのでブラッシングはこまめにしてあげてください。

まとめ

犬のような従順な性格をしているシャルトリューは、コミュニケーションをたくさんとっているとさらに可愛くなってくると思います。

個体差はあるので、すべてのシャルトリューが芸を覚えられ訳ではないと思いますが、芸を身につければ猫との生活もより一層楽しくなると思います。

スポンサーリンク