スポンサーリンク

シンガプーラという名前は、マレー語でシンガポールという意味です。

今回は、世界一小さい猫と言われるシンガプーラを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 シンガポール
体重 2~3.5kg
毛の長さ 短毛種
毛の色 セーブルのみ
目の色 グリーン、ゴールド、カッパーなど
鳴き声 やや小さい
運動量 普通
性格 甘えん坊でやや神経質。人によく慣れる
スポンサーリンク

歴史~ドレインキャットから小さな妖精へ~

1974年、シンガポールに赴任していたアメリカ人のメドゥ夫妻が見つけた猫が始まりです。

猫を連れ帰った夫妻は、早速繁殖を開始しました。

アビシニアンに似たティッキングから当時は、人為的につくられた猫だとみる動きもありましたがその後アビシニアンとは全く別のナチュラルブリードだということが判明しました。

元は、シンガポールの下水溝(ドレイン)で暮らしていた「ドレインキャット」と呼ばれていたこの猫が今では、その小さな体と可愛い顔などから「小さな妖精」と呼ばれています。

1988年、CFAに公認。成猫でも体重2kgの世界一小さな猫は現在、人気急上昇中です。

特徴~表情の変わる被毛~

現存する純血種の猫としては、世界一小さいとされており成猫でも体重は2~3.5kgとされている猫です。

小さくとも筋肉質で、しっかりした体に先細りの長めの尻尾があるセミコビータイプです。

丸い頭の両端に付け根の広い耳がついており、やや上がり気味の目はアイラインが入っているようなぱっちりした印象です。

また、子猫の目の色は生後9週間までに変わります。

短くシルキーでなめらかな手触りの被毛でアビシニアンと同じティックドタビーで動くたびに被毛の表情が変わります。

性格~他の猫に嫉妬するほどの甘えん坊~

長毛種のようなおとなしさ

小さな体の印象どおり、優しく甘えん坊な性格をしています。

また、短毛種でありながら長毛種のようなおとなしさももっています。

読書やパソコンの邪魔をしてくることも

好奇心が強く、人の色々な行動を注意深く見ていたり時には手を出してきたりします。

また、読書やパソコンの操作をしているところに邪魔をしに来ることもあります。

他の猫や動物に嫉妬を見せることもある猫です。

高いところに普通に上がります

活発なシンガプーラは、高いところにも普通に上がります。

高い家具から人の肩に飛んでくることもあります。

人も猫もけがをしないように注意しましょう。

水が平気な子も

猫は水が苦手なことが多いです。

ですが、シンガプーラは水が平気な子が多くいるようです。

水を張ったままの浴槽やトイレなどへ誤って入ってしまうこともあるかもしれません。

事故防止のためフタを閉めておくようにしましょう。

人が大好きです

シンガプーラは、人が大好きな猫です。

長い時間留守番をさせるなど一匹にする時間が長い生活を送っているとストレスが溜まってしまいます。

ストレスが溜まってしまうと、脱毛や食欲低下、消化不良を起こす場合がありますので注意してください。

まとめ

シンガプーラは、とても甘えてくる猫です。

猫を飼ったら折角だからたくさん遊びたいと思っている方にはぴったりの猫だと思います。

ただ、人が好きすぎて読書やパソコンをしているときに邪魔に来るなど少し大変なところもあります。

ですが、そこがシンガプーラの可愛いところだと思って生活してください。

スポンサーリンク