スポンサーリンク

ブリティッシュショートヘアは、アメリカンショートヘアの基礎になったとされている猫です。

今回は、不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫のモデルにもなったとされるブリティッシュショートヘアを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 イギリス
体重 4.5~5.5kg
毛の長さ 短毛種、長毛種
毛の色 ブルー、レッドなどすべての色
目の色 グリーン、ゴールド、カッパーなど
鳴き声 やや小さい
運動量 多い
性格 賢くて、物静かな性格
スポンサーリンク

歴史~イギリスで最も古い種のひとつ~

ブリティッシュショートヘアは、ローマ帝国のイギリス侵略の際にネズミ用のハンターとして連れられてきた猫が始まりとされ、イギリスでは最も古い種のひとつとされています。

19世紀の中頃から、本格的な繁殖・改良が始まりました。この当時から長毛タイプも生れており、第1次世界大戦前は短毛よりも長毛タイプに方が人気があったようです。第2次世界大戦中は、各家庭は猫の飼育が難しくなり、絶滅の危機とされるほど少なくなってしまいました。

戦後、人気の上昇に伴い1979年にはキャットショーの参加資格を得ることになりましが、ショートヘアという名前ながらロングヘアも時々生れるため種の確立には手間取ったようです。

ブリティッシュショートヘアは、メイフラワー号に乗りアメリカへ入り、アメリカンショートヘアの基礎となったとされています。また、ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫は、ブリティッシュショートヘアがモデルとされています。

特徴~永遠の傑作・ブリティッシュブルー~

ブリティッシュショートヘアは、がっしりしっかりしたセミコビータイプのボディで、胸が厚く足はがっしりしてやや短め、中ぐらいの長さの尻尾をもっています。頭・頬は丸く、鼻は短めです。その強固な体格のためスタミナは抜群、オスはメスにくらべてかなり大きくなるのも特徴です。

短く・厚く密集して生えていてごく細かく縮れている被毛は昔から有名でした。そんな体格と被毛を持っているため成猫として十分成長するのに3年はかかるとされてます。

以前のカラーはブルー1色だけでしたが、近年は色々なカラーが誕生しました。ですが、現在でもブルーの毛色は、ブリティッシュショートヘアの「永遠の傑作」とも言われ「ブリティッシュブルー」の呼び名がつくことがあるくらい人気の毛色です。

性格~物静かだが触られるのは苦手~

抱っこは苦手

若猫の頃までは甘えてくることもありますが、基本的にブリティッシュショートヘアは、自立心が強く抱っこや撫でられることはあまり好きではありません

猫らしいプライドの持ち主

猫らしいプライドの高さと威厳があり賢いため人の手を煩わせることはあまりありません。1匹でも生きていけるほどたくましい猫ですので留守番などでも落ち着いているでしょう。

猫界のウィンストン・チャーチル

アメリカンショートヘアのルーツとなった猫ではありますが、フレンドリーなアメリカンショートヘアに比べ、物静かな割に触られるのは苦手という気難しい性格のため「猫界のウィンストン・チャーチル」とも呼ばれているそうです。

運動は適度に

ハンターの気質は健在で、おもちゃで遊びますが中年以降はほとんど騒がなくなります。ですが、太りやすい体質ですので適度に運動させましょう

初対面の人には注意

来客など初対面の人に寄っていくことは非常に少なく無理に触ろうとすると怒って引っ掻くこともありますので注意しましょう

血液型は一度調べましょう

猫の血液型はほとんどがA型ですがブリティッシュショートヘアは、全体の半数以上がB型です。猫のB型は大変珍しく、輸血や妊娠・出産の時は注意が必要です。A型のブリティッシュショートヘアもなかにはいるので一度病院で検査をしておきましょう。

まとめ

ブリティッシュショートヘアは、クールな性格で猫らしい猫という感じです。

気難しいところもあり、あまり触らせてもらえないなど少し扱いにくい面もありますが、飼育する上であまり手のかかる猫ではありませんのでそこの点は良いかもしれません。

気難しい性格とうまく付き合って生活してください。

スポンサーリンク