スポンサーリンク

ベンガルは、野性味のある姿が魅力の猫です。

今回は、野性味のある見かけによらず甘えん坊な性格のベンガルを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 アメリカ
体重 3.5~5kg
毛の長さ 短毛種
毛の色 ブラックのみ
目の色 グリーンやレッドなどオッドアイ以外の色
鳴き声 やや大きい
運動量 多い
性格 穏やかで人懐っこい
スポンサーリンク

歴史~キャットショーで大絶賛された猫~

ベンガルは、アメリカ・アリゾナ州のジーン・サグデン氏によって交配が始められました。1963年、ペットショップで手に入れたアジアンレパードと自分の黒毛のオス猫とを交配しました。この交配から母猫と同じスポットのあるメス猫が生れました。しかし、この子猫は最初は母猫と同じ柄だったものの、成猫になると父猫と同じ黒毛に変化してしまいました。その後、黒毛のメス猫から生れた子猫たちにもスポットがあったとされています。

事情により繁殖は中止されることになりましたが、1970年代後半になるとカリフォルニア大学のウィラード・センターウォール博士によって繁殖が再開されました。

1983年に、TICAに登録され2年後の1985年キャットショーに初めて出陳され大絶賛されました。

TICAでは、3世代の中にアジアンレパードがいる場合、その子猫のショーへの出陳を禁じています。1世代目や2世代目など祖先に近いほど野性味が強く、家庭で飼いやすくなるのは4世代目以降といわれています。なお、現在はアジアンレパードの輸出入や飼育は、法律の制限により難しくなっています

特徴~ベンガルだけが持っているロゼット~

ベンガルは、筋肉質でがっしりしたロング&サブスタンシャルタイプです。イエネコより背骨が一節多いため胴体が長くなっています。

被毛は、グリッターと呼ばれるキラキラした金色の毛があるタイプとないタイプが認められています。イエネコではベンガルだけが持っているロゼットがあります。ロゼットとは、違いが明らかな2つのカラーまたは色調をもつスポットまたはマーキングのことを指します。

性格~甘えん坊でフレンドリー~

見かけによらず

ベンガルは、野性味のある見かけから凶暴で人に近寄ってこないイメージがありますが、そんなことはなく温和で甘えん坊な性格です。

水遊びも

運動量が多く遊ぶことが大好きでハンティングも大好きです。また、猫は水が苦手ですがベンガルは珍しく水遊びが好きな猫です。

神経質ではありません

ベンガルは、視覚・聴覚・嗅覚がとりわけ発達しています。そのため、時には敏感に反応してしまうこともあります。神経質なのかなと思うかもしれませんが感覚が優れているだけですので大丈夫です。

フレンドリー

ベンガルは、フレンドリーな性格です。初対面の来客の人に愛想を振りまいたり、飼い主の言葉がけに反応してコミュニケーションをとりたがったりと飼いやすい猫です。

たくさん遊べる環境作りを

どの猫でも子猫~若猫の時は活発ですがベンガルは比較にならないほど活発です。風のように走り・高いところに駆け上り・時には上から下にいる人をめがけて飛び降りてきます。成猫になってからも運動量は多いのでキャットタワーなどたくさん運動できる環境を整えて、家具などの配置にも気を遣いましょう。

非常に賢い猫です

ベンガルは非常に賢い猫です。外出の際に窓や扉の鍵をかけ忘れたりすると開けられてしまうことがありますので注意しましょう。また、賢い猫ですが子猫~若猫の時には甘え方が度を過ぎてしまうこともあります。賢い故に、留守番の気配を察知すると外出の邪魔をすることもあります。成猫になると落ち着きますが、あまりにもひどい場合は、2匹目を飼うことも検討してみてください。

まとめ

ベンガルは、非常に賢い猫で性格も温和なので飼いやすい猫です。

しかし、甘えん坊な性格が度を過ぎてしまうことがあるため少し扱いが大変かもしれません。

また、運動量も多いので遊んであげていても猫よりも先に飼い主の方が疲れてしまうかもしれません。

甘え方が度を過ぎてしまうこと以外は、家族以外の人にもフレンドリーなので、飼いやすい猫です。

スポンサーリンク