スポンサーリンク

ラパーマは、そのクルクルとカールした被毛が特徴の猫です。

今回は、突然変異によって誕生したラパーマを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 アメリカ
体重 4~6kg
毛の長さ 短毛種、長毛種
毛色 ブルー、レッドなどすべての色
目の色 ブルー、ゴールドなどすべての色
鳴き声 普通
運動量 やや多い
性格 穏やかで甘えん坊。賢い
スポンサーリンク

歴史~近隣のブリーダーによって見出された猫~

最近新しく登録される猫は、人為的に交配させて誕生させたハイブリッドミックスであることが多いが、ラパーマは突然変異により誕生した猫です。

1982年、アメリカ・オレゴン州で農家を営んでいたコール夫妻は、倉庫の作物をネズミなどから守るためにブラウンタビーの「スピーディ」という名前の猫を飼っていました。あるとき、スピーディが産んだ6匹の猫の中にほとんど毛のない猫を見つけました。初めは心配されましたが、幸いなことに成長するにしたがって毛が生えそろってきました。生えてきた毛は、全身カールしていたためコール夫妻はこの猫に「カーリー」と名付けました。

その後カーリーもコール夫妻の元でワーキングキャットとして働いていました。やがてカーリーも子猫を産みましたが、産んだ5匹すべてがカーリーと同じく毛がありませんでした。しかし、この当時すでにほかの品種でカールした毛をしている猫がいたことやコール夫妻が繁殖にあまり関心がなかったことから大きな話題にならなかったようです。そのためカーリーやその子猫たちは、短毛・長毛そして色々な毛色の猫と交配を続け多くのバリエーションが自然と生れました。

やがて、近隣のブリーダーなどから変わった猫がいると評判になりコール夫妻は勧めされたとおりキャットショーに出陳したところやはり、審査員などから高い評価をもらいました。コール夫妻は、カーリーの子どもたちを新しい品種として育種しようと決断しました。カーリーと子どもたちを調べてみると当時から知られていたアメリカンカールなどと遺伝子的に血縁がなく、突然変異で引き起こされた優性遺伝であることが分かりました。

2003年にTICA、2008年にCFA、2014年にFIFeから公認されました。

特徴~優性遺伝のカール~

ラパーマは、筋肉が非常に発達しているセミフォーリンタイプです。

最大の特徴は、その巻き毛で、あごの下と耳の付け根に強く現れます。ほかのカールしている猫は、劣性遺伝なのに対しラパーマのカールは優性遺伝です。カールの具合は個体差があり、強くカールする固体もいれば緩やかなカールの固体もいて、時々生まれつき直毛の固体もいます。

薄毛で無毛に近くなることもあり、また生れてからカールが完成するまでに、2年近くかかることもあります。

性格~ワーキングキャットの名残~

好奇心旺盛で賢い

ラパーマは、元々ワーキングキャットとして働いていたため、その名残が残っており、好奇心旺盛で活発です。賢い一面もあり、前足を使ってドアを開けたり、飼い主をポンポンとたたいて呼んだり、犬のようにお手など芸もするそうです。賢い性格のため、人に関心を持って人の言うことをよく聞いているのでしつけはしやすいです。

猫らしい性格

クールな性格のイメージがある猫ですが、ラパーマはまさに猫らしい性格です。犬のような性格も持っていますが甘え方は、膝の上に乗ってきたりべったり甘えることもあれば、いつの間にかいなくなっていたりと猫らしい甘え方です。

運動スペースを確保

ラパーマは、とても活発な猫です。十分に運動ができるスペースを用意してください。スペースがないと家具に上がり物を落としたり、下にいる飼い主の肩に飛び降りたりします。

ブラッシングは優しく

ラパーマの巻き毛は、強いブラッシングなどで緩くなってしまいますので、一度に長時間ではなく短時間を週に何度か行ってください。

まとめ

全身カールしているのが最大の特徴です。活発なため少し飼うのに大変かもしれませんが賢い性格も持ち合わせているので比較的しつけやすいと思います。特徴のカールは、ブラッシングで緩くなってしまうので気を付けて行ってください。

スポンサーリンク