スポンサーリンク

ロシアンブルーは、きれいなブルーの被毛が特徴の猫です。

今回は、口元が「ロシアン・スマイル」と呼ばれているロシアンブルーを紹介します。

スポンサーリンク

基礎データ

原産国 イギリス
体重 3~5kg
毛の長さ 短毛種
毛色 ブルーのみ
目の色 グリーンのみ
鳴き声 小さい
運動量 やや多い
性格 とても静かで内気
スポンサーリンク

歴史~ロシアの貴族に飼われていた猫~

ロシアンブルーは、ロシアに土着していた猫が祖先とされており、ロシアの貴族が大切に飼育していた猫と伝えられています

1860年頃、ロシアから商業船に乗ってイギリスに渡ってきました。これが世界に広まるきっかけになったとされています。

1880年代からイギリスのキャットショーに出陳されており、ビクトリア女王の寵愛を受けた猫とされ、高貴で美しい姿のロシアンブルーは繁殖が盛んになりました。しかし、第1次世界大戦や第2次世界大戦の時代は世界中で食糧難であり、どの家庭でもペットの飼育が困難なため個体数も少なくなっていきました。ロシアンブルーも例外ではなく、このままでは純血を保てないほど激減しました。戦後、ロシアンブルーを復活させるため、異種交配がはじめられました。

ちなみに、ロシアンブルーという名前はイギリスで付けられました

特徴~コブラ・ヘッドと呼ばれる姿~

ロシアンブルーは、スリムな体に無駄のない筋力のついたフォーリンタイプです。

頭を持ち上げた姿を横から見るとコブラが鎌首を持ち上げたようだと言われており「コブラ・ヘッド」とも呼ばれています。また、口元の微笑んでいるように見える独特な形は、「ロシアン・スマイル」と呼ばれています。

きれいなブルーの被毛は、短く厚く、ミルキーな手触りでシルバーのティッキングでキラキラ輝いているように見えます。

性格~プライドが高く気難しい~

ボイスレス・キャット

ロシアンブルーは、めったに鳴かない猫として知られており「ボイスレス・キャット」の別名もあるほどです。

相手を選ぶ

飼い主に従順で犬のようだと言われることもありますが、プライドが高く気まぐれで飼い主がほかの猫と遊んでいたりすると嫉妬したりする面もあります。気難しい面があり、誰にでも懐いていくことはあまりなく家族の中でも好む相手を選びます。

積極的に遊んで

若猫の頃は、運動量が多く特に活発で人に遊んでほしいとせがんできます。しっかりと体を作るためと良い信頼関係を築くために積極的に遊んであげましょう。

抜け毛に気を付けて

ロシアンブルーは、短毛の猫ですが抜け毛がかなりあるので定期的なブラッシングなどは欠かせません。しかし、頑固な面があり、嫌なことはどこまでも嫌がるので子猫のうちから慣らしておきましょう。

まとめ

体の特徴や性格から色んな別名があるロシアンブルーは、きれいなブルーの被毛が高貴なオーラを出しています。性格は、プライドが高く気難しい面がありなかなか懐くのは大変ですが、懐くと飼い主に従順なので良い関係を築くために積極的に遊んであげるなどしましょう。

スポンサーリンク